日本一効率良く金型試作製造を実現するCAD/CAMを目指しています!

プレス金型設計モジュール

※他社製品に負けない各種アプリケーションを備えております。

レイアウト設計

strip3
順送、及び、トランスファーダイの柔軟な設計のための環境の中で、成形形状をもとにレイアウトしていきます。課題に適した自動化とマニュアルコントロールを組み合わせ、プロセスのあらゆる段階を管理していきます。

 

 

ストリップ設計

strip2迅速なハイブリッド2D/3D設計、リアルな視覚化、そしてより効率的な順送プレス型ストリップの作成が可能となりました。プレス型メーカーは、CimatronEダイ・デザインの優れた一連の専用ツールを使用し、材料活用の最適化を図りながら、ストリップ上でのパーツレイアウトや最適のステージ数を容易に決定することができます。

 

ダイパンチプレート設計環境の簡略化

strip4

全ストリップを1つのパーツ(或いは、アセンブリ)として読込、成形形状位置を調整できます。複数を読込可能なので、複数設計者によるコンカレント作業ができます。

 

 

 

CimatronEダイ設計の有益性

※他社製品には真似できない強みでと考えております!!

パラメトリック寸法関連管理

para

フィーチャの寸法にパラメトリックな関係式が含まれている(他の寸法との関連を持っている)場合、パラメトリック寸法としてマークされ、フィーチャ編集中に寸法を変更できるようになりました。(関係式を維持することも、破棄することもできます。)
パラメトリックで管理が必要な時と、必要ではない時があったとしても、柔軟に対応!!

 

フィーチャをツリー上履歴で管理

feaユーザーの経験と判断を活用するための融通性を維持し、アセンブリにコンポーネントを追加するときに、「フィーチャーツリー」の「追加フィーチャー」にコンポーネント名が表示されます。サブアセンブリのフィーチャツリーにも表示され、そこから編集することができます。CimatronEダイ・デザインでは、目前の課題に適した自動化とマニュアルコントロールを組み合わせ、プロセスのあらゆる段階を管理することができます。

 

 

柔軟性高くカスタマイズカタログのサポート

cata強力なカタログツールに基づいて、金型機構部の豊富なカタログがアセンブリで利用可能です。部品のカスタマイズ、サブアセンブリの登録、再利用も簡単に行えます。

 

 

 

各種オプション機能も充実

ブランク機能の拡張

blank正確なブランク形状を作成することは、現場におけるトライ&エラーの回数を削減させる為に有効です。
CimatronE 12では、「ブランク」および「バインダー上のブランク」の両機能に新しいオプションが提供され、実際にパーツを成形する際に使用される要素を 仮想に模倣し、その影響をシミュレートしていきます。

この機能で提供されるオプションは以下の通りです:

1. 圧力パッド – ブランク領域に加えられる圧力の影響をシミュレート
2. 絞りビード – 特定の領域(ビード形状が入る場所)における張力を検討
3. ブランクフォルダ応力 – 余肉面(成形面の外周)を考慮し、ブランクサイズを正確に見積る
4. 拘束面 – ブランク用に固定する面を定義

更に、ブランク機能の拘束稜線オプションは、バインダー上のブランクでも使用できます。

興味を持っていただけたでしょうか?
様々なオプションを使う事により、トライ&エラーの回数を軽減させる事が可能です。

スプリングバック解析

spスプリングバック解析機能は、パーツ形状、拘束条件、材料特性などを考慮することにより、解析結果が劇的に改善され、スプリングバックの影響をより正確に見積ることができます。更に、スプリングバック解析の基準となるオブジェクト上の原点を定義することができます。

まだまだ、たくさんありますよ!
評価ライセンス、デモもお問い合わせは、こちらから。。