日本一効率良く金型試作製造を実現するCAD/CAMを目指しています!

要素の各節点ごとの物理量を計算します。非構造格子(不規則な位の意味)への適用が容易なため複雑形状の対応が可能ですが、計算の収束性が不安定で計算時間がかかります。
FEM

 

 

 

 

 

 

Cimatronの機能では、例えば、SpringBack(スプリングバック)解析機能が、これに当たります。

FEM1

スプリングバック解析機能は、パーツ形状、拘束条件、材料特性などを考慮して解析結果を出すことにより、その影響を、正確に見積もることができます。