日本一効率良く金型試作製造を実現するCAD/CAMを目指しています!

mashinpreview

最近は、5軸加工への関心が更に高くなっているようで、多くのお問い合わせをいただきます。先月来日したCimatron社のエンジニアも、実際にお客様先にお伺いして現状を把握してもらいました。
高精度加工には欠かせないところもありますので、その要望に少しでも応えられるよう追加された機能が“マシンプレビュー”です。結構重宝されそうです。

パーツ、工具、ホルダに加え、NCプログラミング環境内で、機械テーブル、治具、機械を表示することができます。機械キネマを考慮し、手動で各軸を動かすことができます。
1. 設定の段階で、機械テーブル上のパーツ位置と方向をグラフィカルに定義することが可能です。
2. NC手続きを定義する際、機械ジオメトリ、キネマ、そして実際の残りストックを考慮しながら、位置決め5軸加工に最適な回転角度を探すことができます。優先方向を設定した時点で、自動的に座標系を作成することもできます。
3. GPP2で計算された実際の回転角度を考慮しながら機械の動きを表示し、既存のツールパスをナビゲートすることができます。
この事による利点は、
位置決め5軸および同時5軸プログラミングの信頼性向上
位置決め5軸プログラミングの迅速化

ご興味を持たれた方は、お近くのセイロジャパンまでお問い合わせください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です