日本一効率良く金型試作製造を実現するCAD/CAMを目指しています!

AutoReference2この機能を有効にすると、ファイル内の要素を自由に参照できるようになります。例えば、穴の中心に直線を描く際、カーソルを穴の上に置くだけで、中心を選択することができます。このちょっとした改善により、スケッチャの機能性が向上したとの評価をいただいております。

一方で、従来の機能とメニューが隣接していることにより、紛らわしいとの声もいただいております。ご利用の際にはご注意くださいませ。(^_-)-☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です