日本一効率良く金型試作製造を実現するCAD/CAMを目指しています!

Parallel従来の機能では、平行に並んでいない複数の加工面に対して、一つ一つ適切な加工角度を算出し、加工面を手動で割付ける必要がありましたが、現バージョンでは、自動的に加工角度を算出する事ができます。

その結果として、一つの手続きで、パーツ上に存在する加工が必要な複数領域に対して、自動で軌跡を作成させることができるようになり、別のパーツを加工するためのテンプレートを有効活用できるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です