日本一効率良く金型試作製造を実現するCAD/CAMを目指しています!

新しいwarpface面変形機能は、内部/外部のパーティング面を作成するのに役立ちます。特に、 これまでの機能では困難な作業であった輪郭線を利用した面作成に、とても有効です。
ジオメトリの境界線や形状を使って、自然な接続を可能にするスムーズなパーティング面を作成します。

大変申し訳ございませんが、CAD標準機能ではなく、スプリングバック変形、或いは、Qスプリットのオプション機能が必要になります事をご了承ください。<(_ _)>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です