日本一効率良く金型試作製造を実現するCAD/CAMを目指しています!

その加工最上点より上のストックチェック
stock_Z2stock_Z7

荒取り、面加工などに、Z上限を制限するパラメータがありますが、その中で、名前が少し判り辛いかな?と感じるパラメータ(加工最上点より上のストックチェック )がありますので、少し補足説明させていただきます。
このパラメータの使用を検討する時は、まず、加工最上点の設定の有無を考慮する必要があります。

無:加工最上点より上のストックチェック不要
設定していない場合は、ストックのある高さから加工計算が始まります。

有:加工最上点より上のストックチェックによる結果の違い
(※画像右:チェックした場合)
ストックの高さを最上点として加工します。
(※画像左:チェックしない場合)
お客様により運用が異なりますが、ジグなどの参照面が、ストックの上に 配置されていた場合、システムは、その存在を無視してツールパスを作成します。

基本的には、加工最上点を定義された場合、このチェックを入れていただく事を推奨しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です