日本一効率良く金型試作製造を実現するCAD/CAMを目指しています!

店舗には沢山の製品が陳列されていますが、それらを製品化することを考えた場合、まず、設計(モデリング)作業から始まります。その様々な設計工程をコンピュータで支援するシステムが、CAD(Computer Aide Design)になります。
3D設計は、作業工程の最適化などによるコスト削減への効果も大きく、人材確保の難しくなる時、作業効率改善におけるその必要性は増すばかりです。
しかし、CADには多くの種類があり、一つのシステムで全てのプロダクトの設計を網羅することはできません。各システムには専門性があります。

例えば、“こんな製品を作りたいな”というアイデアがあり、それを具体的な形にする際、必要となる一つのシステム選択肢として、キャンパスにフリーハンドでお絵かきをするようなCADがあります。
それが、3Shaperです。

 

 

 

そして、その製品を量販していくためには、そのプロダクトに求められる一定の規格を保ちながら量産するために必要となるのが金型です。
当然、その金型にも設計が必要になります。特に日本でつくられる金型に要求される精度が、世界に誇る“ものづくり”を支えていると言えます。その高精度な金型設計で広く認知されているCADがあります。
それが、Cimatronです。

 

 

 

また、3Dプリンター用のCADも各種あります。
樹脂(プラスチック)と金属とに大きく2つのカテゴリーに分けることができます。
プラスチック3Dプリンター用としてもつかえるCADがあります。
それが、SpaceClaimです。

spaceclaim.jpg

重量が重い金属プリンターの設計は難易度が高く、対応できるCADもそれ程多くありません。
その数少ない金属プリンターの設計に特化したCADがあります。
それが、3DXpertです。

3dxpert01.jpg

 

以上のように、各CADシステムには専門性があることをご理解いただけましたでしょうか?
何かご質問があれば、何なりとセイロジャパンへお問合せください。