日本一効率良く金型試作製造を実現するCAD/CAMを目指しています!

プレート加工用の新しいソリューションは、新しい製造フィーチャ認識(MFR)ツールで構成されており、開いたポケットと高速加工をサポートする新しい自動化されたポケット荒手続き、クリーンアップ2D面取り用の専用手続き、曲面を部分的に仕上げるための仕上げ手続き、3+2軸の自動ドリルおよびガンドリル手続き、2.5軸のポケットおよび輪郭手続き、そして、高い材料除去率で荒取り加工するためのVoluMillポケット手続きを含みます。

ソリューションの中核機能製造フィーチャ認識であるポケットマネージャーを紹介します。

 

  • 新しい製造フィーチャ認識(MFR)ツール
    新しい分析ツールは、より安全かつ迅速にプログラミングするために、ポケットを認識します。新しいツールは自動的に開いた稜線を含むポケット(およびスロット)ジオメトリを認識し、各ポケットの高さ、形状、そして勾配角度を考慮します。新しいMFRツールは、ミ-リング手続き作成時のジオメトリ定義用として使用することができ、開いた/閉じた壁、ポケットの底の有無、勾配角度の有無のようなポケット属性によって選択を絞り込むことができます。

チラシダウンロード

ポケットマネージャー