日本一効率良く金型試作製造を実現するCAD/CAMを目指しています!

新しいNC手続きは、パーツが機械上に設置されている間、加工プロセスの一部として機上測定することを可能にします。ポストプロセッサは、測定サイクルと機械上で実行される関連マクロを組み合わせて出力します。

インプロセス計測 - 機械上の特定の寸法を測定し、現在の加工結果を検証します。ユーザーは、連続した加工作業を微調整(例: 工具の径補正値を変更)したり、公差外の加工を回避するために機械を停止するかどうかを選択することができます。

 

 

 

オンマシン検査- 加工終了時、パーツが機械上に設置されている間に複数のプローブ測定サイクルを実行し、自動的にQAレポートを生成するよう、プログラミングすることができます。

 

 

 

 

 

動画(音声解説付き)で紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です