日本一効率良く金型試作製造を実現するCAD/CAMを目指しています!

本日の対応で、ユーザー様からソフト開発に関する懸念の声をいただきました。
『3Dシステムズ社に買収されたので、これからは3Dプリンタとの連携にばかり力を入れるのではないですか?』
確かに、最近のブログの内容を見ると、シボ加工の記事でもスキャンデータの読み取りにフォーカスしたり、STLデータを加工する内容をアピールしてました。ごもっともな意見だと感じました。

しかし、これまでのNCを始めとしたCimatron開発リソースがプリンタ関連に奪われている訳ではなく、この合併によりシステム開発の幅が広がったというのが正しい解釈になります。

nc

前のバージョンで、ストック精度が向上しました。
この改善により、無駄な軌跡の削減や加工効率の向上、複雑な形状に対する精度の向上など各段に改善されました。

 

 

 

 

 

highmachine

次のバージョンでは、軌跡節の分布を均一にして高精度加工を実現させる開発が含まれます。

加工時間は間違いなく伸びるはずなので、本当にユーザー様に受け入れられるものになるのかは今後フォローしていきます。

 

 

 

お伝えしたいことは、今後の開発においても、高精度であり、効率良い加工を実現させることは最重要課題としているということです。

下記の動画は、高精度ストックにより、精密加工(シボ加工)を実現させることが出来たことを示しております。

CADもCAMも益々進化できるよう、我々もメーカーと協力し改善に取り組んでいきますので、今後のCimatron製品にもご期待ください。

※下の画像をクリックすると、動画が開きます。
加工映像が含まれております。その際加工時の音が発生します。