日本一効率良く金型試作製造を実現するCAD/CAMを目指しています!

CimatronのFacebookで、ちょっと気になった動画があったので紹介します。
(https://www.facebook.com/CimatronE/)

ウイングスーツってご存知ですか?ムササビのように、腕と体、右と左足の間を塞ぐスーツを着て、空気抵抗を増すだけでなく、揚力を発生させて飛行させるものです。
次の動画は、イギリスの大学での研究内容です。なんでもウイングスーツを着て、より長く、より早く飛行する世界記録を樹立させることが目的だそうです。映像の中には崖から飛び降りるシーンもありましたがなんかゾクゾクしちゃいますね^^;

 

研究内容は、幾つか異なるウイングスーツを着た人のデジタルスキャンを取り、空気抵抗など、空中を飛行している場面をシミュレーションさせて、より長く、よく早く飛行することを実現しようとしているようです。

その作業工程は、スキャンしたデータ(1千6百万ものポイントに及ぶ)を、メッシュデータへ変換し、そのデータ品質をGeomagic Freeformで確認して、CADシステムに渡すと云う内容でした。
こんなところにリバースエンジニアリングの技術が活かされているのですね。
宝石の設計、車などの部品設計など、幅広くその活用方法があるみたいです。
気になる記事だったので、皆様へもご紹介させていただきました。